車検・点検< Vehicle inspection>

シュタークは、認定工場完備。
購入後のアフターフォローもお任せ下さい。

車検について

シュタークは自社工場完備!お見積り無料、台車もご用意しています!

車検の出費、「安く抑えたい」とお考えですか?

ある程度金額を予想して車検に出すものの、「○○はもう交換した方がいいですよ」と言ったように、お店の人に勧められるまま交換したら、金額が予想を上回ってしまった!と言った経験はないでしょうか?
もちろん、お店の方も多く払ってもらいたくて勧めているのではなく、お客様が愛車を長く・安心して乗ってもら為に提案しているのです。

シュタークが、まずお客様に確認するのが、「この車は、あとどのくらい(何年)乗る予定ですか?」と言う事。
もし、「あと、5年は乗りたい!」という場合と、「次の車検まで(2年以内)には、買い替えを検討している」と言った場合では、どのパーツを、どこまで交換するかは変わってきます。つまり、車検の費用にも大きく影響してくるのです。

車検費用を賢く抑えたいとお考えの方は、是非車検の前に一度、「愛車と後何年お付き合いするか」をライフプランと一緒に考えてみましょう。
ご相談、見積り無料ですので、お気軽にご来店ください。

車検料金について

車検費用の内訳はおもに、「国が定める法定費用」と、「お店が決める基本料金」とになっています。
国が定める法定費用とは、「重量税」「自賠責保険」「印紙代」の3つで、車の種類により全国一律で決まっており、どのお店でも一律で必要な費用です。
お店が決める基本料金は、一般的に「車検基本料」や「車検整備点検料」などと表記され、すべて含まれていたり、わかれていたりなど、お店により金額も表記の仕方にもかなり格差があります。

シュタークの基本料金は、以下の合計となります。
車検整備点検料 ¥12,000(税抜) + 検査代行料 ¥5,000(税抜) =¥17,000(税抜)

この基本料金(¥17,000)+法定費用(国が定める車種ごとの一律料金)が、シュタークでの車検料金の合計となります。
法定費用も含めた価格の参考は、下記の料金一覧表をご確認ください。

料金一覧表
  • 軽自動車  ¥39,250 ~
  • 小型    ¥49,350 ~
  • 中型    ¥57,650 ~
  • 大型    ¥65,850 ~
※年式が20年以内の車の場合となります。
※整備が必要な場合、部品交換が必要な場合は別途料金がかかります。
お得な割引特典!
初回車検割 (メンバー限定 )車検整備点検料 ¥12,000 → ¥9,800
メンバー割引        ¥1,000割引
早割(1ヵ月前予約)    ¥1,000割引
紹介割引          ¥1,000割引
※紹介されたお客様で初めてシュターク利用の方(初回のみ)

車検時にご用意いただくもの

車検の際には、下記の書類をご用意頂くとスムーズです。

①自動車検査証
②自動車損害賠償保険証明書(自賠責)
③自動車納税証明書(軽自動車のみ)

点検について

各種点検も随時受け付け!こまめな点検で安心のカーライフを!

点検は、車の予防治療!定期的に受けましょう!

車は毎日屋外で、過酷な状況にさらされています。そのため、年に一度は愛車の定期点検が必要です。不具合が発生する前の予防治療。命を乗せる車だからこそ、安心してお乗りいただくためとても重要な事なのです。

法定点検で行われる作業内容は、大きく分けて以下の5つの項目です。
  1. エンジンルーム点検
  2. 室内点検
  3. 足廻り点検
  4. 下廻り点検
  5. 外廻り点検
これら5つの項目を確認に加えて、加えて交換時期であればエンジンオイルやオイルフィルター、ミッションオイルやブレーキフルードも交換します。
安心のカーライフを過ごすため、愛車の点検をお勧めします。

そもそも、12ヵ月法定点検とは?

自動車ユーザーには、法律(道路運送車両法等)により、自動車を点検・整備し、適正な状態に維持すること、および定期点検の実施が義務付けられています。

自家用乗用車の定期点検には、車検と車検との間に行う「法定1年点検」と、車検と同時期に行う「法定2年点検」があります。 2年点検は、車検と同時期のため、整備工場に車検を依頼する際に、、多くのユーザーが実施していますが、1年点検については、フロントガラスに貼付してある定期点検整備済ステッカー(第1回参照)等でよく実施時期を確認して、忘れずに実施しましょう。

車検時に限らず車の定期点検は必要です。整備工場で予防整備である定期点検を実施するようにしましょう。

定期的な点検を、安心して実施していただく為に。

エンジンオイル交換、ミッションオイル交換等は、車の血液のようなものでとても重要な役割を担っていますので、定期的な交換をお勧めします。その際、重要なのが前回のオイルはどの種類で、いつ交換したか?等がとても重要です。「オイルは汚れてきたら交換時」とお思いかもしれませんが、実は、オイルの種類によっては汚れが付きにくいものもあるので、目視では確認が難しいのです。 なので様々なお店やガソリンスタンドで変えるのではなく、決まったお店で前回の情報をふまえた上で交換する事が、一番の節約になります。

シュタークでは、もう変えた方がいいのかな?と心配することなく、安心して過ごして頂けるよう、ご希望の方へ定期的にご案内をしていますので、ご希望の方はお申し付けください!